【 緊急時、及び、時間外診療について

       
       1.外傷や、ヤケド、ゼンソク発作、異物誤飲、心臓発作、意識障害など緊急
         要する場合は、日本全国 рP19 をまわして下さい。

         病状氏名年齢電話番号居場所 の順にはっきり

         消防庁救急隊につげて下さい。
         ( あらかじめメモを作ってから連絡するとよい )
         
                    

        2.時間外診療A

           緊急でない場合の時間外診療は下記の電話でお問い合わせ下さい。
           
            杉並区急病医療情報センター  03-3423-9909

            杉並区休日等夜間急病診療所  03-3391-1599
              ( 杉並区医師会会員が当番制で出勤 )

            東京消防庁テレホンサービス   03-3312-2323

            練馬区こどもクリニック       03-3994-2238

                    

       3.時間外診療B

            すべての医療機関は、行政機関に 診療スタッフ、診療科目、診療時間
           休診日を届けて出ています。
           一般の店舗と違って、すべての医療機関は診療終了後、機材の滅菌、消毒
           清掃など必ず医療機関としてやらなければならない義務があります。
           一方、保険診療では、一件300円程度の加算しかないため人件費に見合わず
           対応できていないのが実情です。
            そこで、国は、救急や時間外は、救急指定医療機関を地域ごとに決めて
           補助金を出しています。
             一般の診療所は、スタッフの不足と機材の貧弱さを理由に救急医療機関
           として認めていないか、すでに救急医療機関として認めていた診療所も
           許可取り消しをしました。

            杉並区内では 一次救急指定医療機関として

                 医療法人財団  荻窪病院
                               03-3399-1101
                              ( 杉並区今川 3-1-24 )

                            河北総合病院
                               03-3339-2121
                              ( 杉並区阿佐ヶ谷北 1-7-3 )

           この2医療機関だけです。さらに高次機能病院として

                           東京医科大学病院      03-3342-6111
                           慶応義塾大学病院      03-3353-1211
                           東京女子医科大学病院   03-3351-3107
                           杏林大学病院         0422-47-5511

           以上の救急指定医療機関は、すべて原則として「かかりつけ医」の
           紹介状(受診後でも可能)を必要とします。ただし受診費用が高く
           保険点数が設定されています。